クルーズ船の感染者は横浜市立市民病院へ入院か?国籍判明!ダイヤモンドプリンセス号

横浜沖に停泊中の大型クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス号」から新型コロナウイルスの感染者が10人確認されましたが、クルーズ船運営会社は、感染した乗員乗客10人の国籍を発表しました!

ダイヤモンド・プリンセス号新型肺炎感染者の国籍は?

発表された10人の感染者の国籍は下記の通り。

オーストラリア2人
日本3人
中国3人
アメリカ1人
フィリピン1人

感染者は、横浜市立市民病院へ入院か?

神奈川県には「感染症指定医療機関」として指定されている医療機関は、横浜市立市民病院だたひとつ。

ネットの情報なども総合して判断すると、やはりダイヤモンド・プリンセス号の感染者10人は横浜市立市民病院に入院されたと考えるのが妥当でしょう。

横浜市立市民病院の場所はこちら↓

取り急ぎ現時点で判明した情報をアップしていきました。

追加の情報が入り次第、追記していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください