新型コロナウイルス感染者ついに三重県にも!?入院先はどこ?

速報です!

ついに日本での新型コロナウイルス感染者(日本人とは限りません)の12人目が確認されました。武漢に滞在歴のある50歳代の外国人男性です。

しかも、場所が

三重県!?

だそうです。

恐れていたことが現実となりました。東京都近県や大阪などの大都市だけでなく、地方都市でも新型コロナウイルスの感染者が確認されたというショッキングなニュースです。

三重県の50代男性が新型コロナウイルスに感染!武漢滞在歴あり

とうとう恐れていたことが起きました。

新型コロナウイルスが日本の地方都市にまで拡がりつつあるようです。

現時点では「速報」ですので、今後詳しい情報が出てくることとは思いますが、先の奈良県のバス運転手さんは武漢からの団体ツアー客を乗せて、成田空港から山梨県の観光地を巡り、関西国際空港まで報復していたとの情報もあったので、山梨県や静岡県からも感染者が出てきてもおかしくないと思っていたのですが、まさか三重県とは。。。

また、同じバスに同乗していた外国籍のバスガイドさんも発症して大阪で入院していますが、この奈良県の運転手さんとのツアーを終えた後、別のバスでガイドをしていたという情報もあります。

さらに、勤務を終えた後、電車を使って帰宅したという情報も。。。

何してくれてんねん!

↑大阪人ならこう言うでしょうね(-_-;)

三重の感染者の入院先はどこ?

厚生労働省のサイトの「感染症指定医療機関の指定状況(平成31年4月1日現在)」によると、三重県の「第一種感染症指定医療機関」は。。。

伊勢赤十字病院

だけとなっています。そのため、今回感染が確認された三重県在住の外国人男性は、この 伊勢赤十字病院 に入院されていると考えられます。

地図はこちら↓

今後、詳細な情報が出てくると想像されます。

新しい情報が入り次第、追記していきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください