佐伯和彦の顔画像は?家族は?埼京線で線路に飛び降り逃走の男 痴漢目的で上京!?

シェアする

埼京線でわいせつな行為をして、線路に飛び降り逃走していた派遣社員の男が逮捕されました。佐伯和彦容疑者の顔画像や家族は??Facebookは?調べてみました。

事件の概要は・・・

JR埼京線の車内でわいせつな行為をしたとして、警視庁は、派遣社員の佐伯和彦容疑者(36)=兵庫県姫路市家島町真浦=を強制わいせつの疑いで逮捕し、13日発表した。「盗撮はした」と供述しているが、強制わいせつ容疑は否認しているという。佐伯容疑者は目撃者に取り押さえられたが、駅のホームから線路に飛び降りて逃走していた。

朝日新聞より引用 

事件の詳細と容疑は?

板橋署によると、佐伯容疑者は4月9日午後7時ごろ、池袋―板橋駅間を走行中の埼京線の通勤快速電車の先頭車両で、20代の女性会社員のスカートの下から棒のようなものを差し入れて、下着の上から押しつけるなどした疑いがある。先端にカメラを付けて盗撮していたと説明し、「ネットで埼京線の先頭で痴漢が多いと知り、痴漢目的で前日の深夜バスで東京に来た」と話しているという。

朝日新聞より引用 

痴漢目的で深夜バスで上京!?

バカなんじゃないでしょうか。もっと社会の役に立つことに時間も労力も使おうよ!って思うのは私だけじゃないはず。

佐伯容疑者は、同じ女性のスカートをめくるなどしていた別の30代の男とともに目撃者の男性に板橋駅で降車させられたが、ホームから線路に飛び降りて逃走していた。もう1人の男はその場で現行犯逮捕された。現場に残されたトートバッグ内の携帯電話や防犯カメラの映像などから、佐伯容疑者が浮上した。

朝日新聞より引用 

もう一人!?同じ女性の???

本当に埼京線の先頭車両は痴漢ばっかなの?

佐伯和彦容疑者の顔画像や家族は?Facebookは?

名前:佐伯和彦
年齢:36歳
住所:兵庫県姫路市家島町真浦
職業:派遣社員
容疑:強制わいせつ
法定刑:6月以上10年以下の懲役

ニュース報道で佐伯和彦容疑者の顔写真が公開されていました↓

出典;FNN

FacebookやTwitterを調べてみましたが、残念ながら本人と特定できるアカウントは見つかりませんでした。そのため、家族等の情報についても現時点では不明です。続報が入り次第、追記していきたいと思います。

※佐伯和彦という名前のFacebookアカウントを検索した結果はコチラ

犯行現場は?

報道によると、犯行現場は池袋―板橋駅間を走行中の埼京線の通勤快速電車の先頭車両とされています↓

ネットの反応は?

遠いところからお疲れ様でした。

Yahoo!ニュースより引用

痴漢や盗撮の刑を最低5年から10年にすれば減るんで無いかい?

Yahoo!ニュースより引用

痴漢が多いならバレないと思ったんだろうけど、痴漢が多いってことは警戒してるって思わないんだろうか・・・

警戒されてないところで犯行に及んで逃げられるより良かったとは思うけども・・・

Yahoo!ニュースより引用

ネット情報に触発されてらしいけど、いったい いつの情報だったのだろうか。

痴漢が多いのは事実だけど、対策も強化されているのは知らなかったのかな?
車内に防犯カメラだって増設されているし

中途半端な情報に踊らされた愚行ですね

Yahoo!ニュースより引用

車内カメラ義務化と、女性専用車両を増やしたら?
啓蒙活動も、異常者の男性にしても効果ないので、女性に声をあげる勇気を啓蒙した方が良い。

まー、肝心のルールを作る政治家や官僚がセクハラの定義すら知らないから無理か…今更講習だからね。

Yahoo!ニュースより引用

>「ネットで埼京線の先頭で痴漢が多いと知り、痴漢目的で前日の深夜バスで東京に来た」と話している

埼京線の先頭1号車には随分前から防犯カメラが設置されているって、結構有名な話だと思っていたけど、この人は知らなかったのか?
まさか防犯カメラがあっても痴漢が無くならないから、痴漢をしても大丈夫だと考えたのか?
痴漢をした人が見つかって逮捕された時、映像記録が有力な証拠になるって考え付かなかったのか?

心底呆れる。

Yahoo!ニュースより引用

痴漢→線路逃走の流れ多いね

Yahoo!ニュースより引用

最後に

わざわざ痴漢をしに兵庫から東京まで出てくるかね?

今回の事件の容疑者は、本当に心の底から呆れる容疑者です。世の中に、佐伯容疑者ほど女性のスカートの中を見るため、あるいは痴漢行為をするために、ここまで頑張れる人間はいないのではないでしょうか。

もっと建設的なことをしようよ、ね?という事件でした。。。

家族等の詳細情報が現時点では不明です。今後、新しい情報が入り次第、追記していきたいと思います。最後までお読みいただきありがとうございました。