宮澤健太容疑者の素顔は?元カノのスマホに位置情報アプリで逮捕!?

シェアする

交際していた女性のスマホに位置情報アプリをインストールしたとして29歳会社員の宮澤健太容疑者が逮捕されました。ストーカー規制法違反のようですが、詳細は。。。

事件の概要は・・・

宮沢健太容疑者(29)は1月ごろ、当時、交際していた30代の女性のスマートフォンに位置情報が分かるアプリを入れて行動を監視するなどした疑いが持たれています。

警視庁によりますと、宮沢容疑者は寝ていた女性の指を使って指紋認証のロックを解除し、勝手にアプリを入れたということです。

その後、宮沢容疑者は3月上旬に女性の行動を監視し、「今、大宮にいませんか」などとメッセージを送っていました。宮沢容疑者は「彼女が心配でやった行為です」などと容疑を認めています。

ANNより引用 

スマホにアプリでなぜ逮捕?罪状は?

第一報を聞いたとき、彼女のスマホにアプリを入れただけでなぜ逮捕?と、感じましたがもう少し詳しく調べてみました。

逮捕容疑は、「不正指令電磁的記録共用やストーカー規制法違反の疑い」です。

「不正指令電磁的記録共用罪」とは、刑法には下記のように示されています。

「第168条の2  正当な理由がないのに、人の電子計算機における実行の用に供する目的で、次に掲げる電磁的記録その他の記録を作成し、又は提供した者は、3年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処する。
一  人が電子計算機を使用するに際してその意図に沿うべき動作をさせず、又はその意図に反する動作をさせるべき不正な指令を与える電磁的記録
二  前号に掲げるもののほか、同号の不正な指令を記述した電磁的記録その他の記録
2  正当な理由がないのに、前項第一号に掲げる電磁的記録を人の電子計算機における実行の用に供した者も、同項と同様とする。
3  前項の罪の未遂は、罰する。」

実際に、奥さんに無断で奥さんのスマホに遠隔操作アプリを仕込んでメールなどを盗み見ていた夫がこの罪によって逮捕された事例もあるようです。

調べてみると、「不正指令電磁的記録共用罪」はそれなりに重い罪のようで、成立すると、3年以下の懲役刑や50万円以下の罰金刑が科される可能性があるようです。

思っていたより、大変なことだったんですね。

もうひとつの容疑の「ストーカー規制法違反」に関しては・・・

警視庁によると、宮沢容疑者は今年1月、当時交際中で同居していた30代の女性のスマートフォンに、GPSを使って位置情報を調べるアプリを無断でインストールしたほか、女性と別れた後にストーカー行為をした疑いが持たれている。

NNNより引用 

本人の同意なしで無断で位置情報アプリを入れたということのようです。その手法なんですが。。。

出典;JNN

女性のスマホは指紋認証のロックがかかった状態だったが、宮沢容疑者は、女性が酒に酔って寝ている隙に、女性の指を当ててロックを解除したとみられている。

NNNより引用 

これって、浮気を疑う女性がやりそうなことなんですけどねえ。。。

2人は先月上旬に別れたが、宮沢容疑者はアプリを使って女性の居場所を調べ、「今、大宮駅にいませんか?あなたを見かけましたが」などとメッセージを送信し、その後、新宿駅で待ち構えていたという。

NNNより引用 

これはキモい!女性からすると怖かったことでしょう。未練タラタラだったんでしょうか。

宮沢容疑者の顔は?どんな人物だったのか?

第一報から宮沢容疑者の顔映像は公開されていました。

出典;JNN

FacebookやTwitterも調べてみましたが宮沢容疑者本人のアカウントと特定できるものを見つけることはできませんでした。

彼女のスマホに位置情報アプリをインストールするぐらいなので、SNSを利用していると思いましたが、本人と特定されないようにかつようしていたのかもしれませんね。

宮沢容疑者の住所はどこ?

日本経済新聞にだけ宮沢容疑者の住所が掲載されていましたので、地図を張っておきます。

ネットの反応は?

彼女が別れた理由が判明しましたね!

Yahoo!ニュースより引用

きもっ

Yahoo!ニュースより引用

こんなんだから彼女にフラれるんだ、ストーカー男。

Yahoo!ニュースより引用

最後に

当初、位置情報アプリのインストールで逮捕されたというニュースに興味を持って調べてきましたが、思っていた以上に重い罪だということがわかりました。もちろん、「本人の意思に反して」「無断で」はいけませんね。

それよりも、今回の事件は、やはり宮沢容疑者のストーカー行為が故の逮捕だったんではないかと思いました。ストーカー行為にスマホのアプリを利用する、そんな事件が今後も増えそうに感じるのは私だけでしょうか。