【新型コロナ】なぜイランで感染者が急増してるのか?イラン保健相も感染!?

前回はヨーロッパではイタリアに新型肺炎の感染者が突出して多く、その件について調べてみましたが、中東地域でも特にイランに新型コロナウイルスの感染が拡がっているようです。この件について調べを進めていると、「イランの副保健相が新型肺炎に感染!?」という信じられないニュースが飛び込んできました↓

なぜ、中東のイランで感染者が増えているんでしょうか?調べてみました。

現在のイランの新型コロナウイルスの感染者数は?

世界の新型コロナウイルスの感染者数の変遷を調べるにはこちら↓が便利です。

↑これによると、イランで初めて新型肺炎の感染者が発見されたのは、2/20に2名。翌21日には5名になり22日に18名、23日に28名、24日に43名、25日に61名、26日に95名とすごい勢いで感染者の数が増えてきています。

このマップには、新型肺炎によって亡くなられた方の人数は示されていないのですが、死亡者の数も26日現在で16名と中国に次ぐ人数↓

これはどういうことなんでしょうか?

なぜイランで新型コロナウイルスの感染者がこんなに多いのか?

そうですよねえ?なんでイランなんでしょう?

少し納得ができるツイートを見つけました↓

このツイート主の方は、イランで現地ガイドをやられている日本人の方みたいですね。

説得力のあるお話です。イランに中国企業が進出していて中国人技術者が大勢いたんですね。その方々が旧正月の春節に武漢に帰省したりしてウイルスをイランに持って帰ってきたってことなんでしょうか?

イランに新型肺炎の感染者が多いのは「あの国」の陰謀?

「あの国」ってアメリカ?ってことはCIA陰謀説??

う~ん、あながち間違ってないじゃね?って思ってしまいます。

アメリカにも中国人観光客やビジネスマンなどかなり多くの人が行き来しているはず。なのにアメリカでは新型コロナウイルスの感染者はそれほど多くはない。

ただ、インフルエンザによる死者は1万2000人を超えている。

なんか、この現象だけ見たら。。。

「見えない戦争」始まっちゃった?って思うのは私だけ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください