新型コロナウイルスの治療法を見つけた!?タイの保健省が発表!

連日、新型コロナウイルスの感染者数が増え続けているニュースばかりですが、朗報と呼べるニュースが入ってきました。エイズの治療薬とインフルエンザの治療薬を混合したものを投与することによって、新型コロナウイルスの感染者が劇的に回復したというのです。

ホントだとしたら、現実的に「今すぐ使える」治療法としてかなり期待したいところですが、実際どうなんでしょうか?

タイの保健省が新型コロナウイルスの治療法を見つけたと発表!

タイ保健省は2日、新型コロナウイルスに感染した中国人女性(71)に、インフルエンザとエイズウイルス(HIV)の治療に使われる抗ウイルス剤を混合して投与したところ、症状の劇的な改善が見られたと発表した。

Yahoo!ニュースより引用

この治療薬投与した48時間後に新型コロナウイルスの検査をしたところ、陰性だったと発表。また、消耗していた状態だったこの女性は、12時間後にはベッドで起き上がれるようにもなったということです。

タイの新型肺炎の感染者数は、 2/3現在19人が確認されていて、日本の20人に次いで中国以外の感染者数が2番目に多いんだそうです。ただ、タイでは患者8人がすでに回復して退院しているっていうことです!?ちょっとビックリですね。

ネットの反応は?

ヤフーコメント

劇的に改善したのは良いことだが混ぜた事による副作用も確めずによくやったなぁ、と思う。薬と関係なく偶然良くなったのではなく、薬の効果が認められると良いですね。

ヤフーコメント

判断早いね。
なかなか日本ではできないと思う。
もちろん闇雲に混合薬使ったわけでもないだろう。
少しは根拠があるはず。

ヤフーコメント

インドの大学の研究では、今回のコロナウイルスにヒト免疫不全ウイルスと同じタンパク質が含まれているという情報も出たとも聞きます。
精査は必要ですが、仮にそれが事実の場合、HIV感染時と同様、継続的に薬を服用しなければいけない可能性も出てきます。
今回の治療で成果が出たと見られるならなおのこと、注意する必要がありそうに思います。

まとめ

素人的にも副作用とか大丈夫なのか気になってしまうところですが、実際に回復している人が8人もいるっていうことはスゴイことなんじゃないでしょうか?

しかしまだ11人は入院しているんですって。

ということは、効く人と効かない人がいるってことなのかな?

どちらにしても、日本じゃこういった思い切ったことはムリなんじゃないかなあって思うのは私だけでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください